1枚1枚想いを込めて!参加記念品の梱包作業が進んでいます!

いちご一会とちぎ国体・とちぎ大会開催時に全国から宇都宮市に来訪する選手・監督のみなさまに贈呈する参加記念品(宮染め手ぬぐい)約13,000個の梱包作業が,市内の障がい者支援施設4事業所で進んでいます。

 

この梱包作業は,宮染めの手ぬぐいと中学生が記入したメッセージを手作業で封入する参加記念品完成に向けた仕上げの作業となっており,事業所の利用者の方々が,1枚1枚,想いをこめて丁寧に梱包してくださっています。

※作業されている利用者の方は,「この記念品を手に取った方が日頃の励みになると嬉しい」とお話ししてくださいました。

 

いよいよ,参加記念品プロジェクトも大詰めです。多くの人の想いのこもった参加記念品は,7月中旬頃の完成を予定しています・・・!お楽しみに!

 

 


記念品を梱包する様子①(就労継続支援B型事業所コパンBeさん)

 

 


記念品を梱包する様子②(就労継続支援B型事業所コパンBeさん)

 

 


一覧に戻る