三重・鹿児島の想いを栃木に!四日市市から「国体応援のぼり旗」を引き継ぎました。


 令和3年12月14日(火曜日)に、四日市市から宇都宮市への「都道府県応援のぼり旗」引き継ぎ式を行いました。
 
 「都道府県応援のぼり旗」は、国体開催時に全国から訪れる選手・監督などを歓迎するため、47都道府県を応援するのぼり旗を市民の協力により制作し、競技会場に装飾するものです。


 三重県四日市市では、四日市市の児童・生徒が制作した「都道府県応援のぼり旗」を競技会場に設置する予定でしたが、三重とこわか国体が中止となり、設置が叶わなかったことから、のぼり旗を宇都宮市に引き継ぎたいとお申し出をいただきました。また、四日市市は令和2年に中止・延期となった「燃ゆる感動鹿児島国体・燃ゆる感動鹿児島大会」ののぼり旗を鹿児島市から譲り受けているため、そちらも併せて引き継ぎを受けました。


   当日は、四日市市から森智宏市長がお越しくださり、佐藤市長へ、四日市市の熱い想いとともに「都道府県応援のぼり旗」が手渡しされました。


 この想いのこもったのぼり旗はいちご一会とちぎ国体の競技会場において、「記念撮影」ができるようなフォトスポットとして飾ることを検討していきます。

四日市市の児童生徒が制作したのぼり旗。 都道府県の名産品などが工夫凝らし描かれています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 四日市市 森智宏市長コメント


「三重とこわか国体・三重とこわか大会は中止となってしまいましたが、本市では、全国からの選手・監督・観覧者の方々をおもてなしの心で迎えようと市民一丸となって準備を進めてきました。この想いは、いちご一会とちぎ国体・いちご一会とちぎ大会の開催に向け準備を進めておられるスタッフの方々や宇都宮市民の方々も同じだと思います。
本日は、両大会の成功を祈って、四日市市民が培ってきた国体・大会への機運を、未来を担う子どもたちが選手たちへの応援の気持ちを込め制作した「都道府県応援のぼり旗」とともに、鹿児島市の想いも含め、四日市市民を代表し届けに参りました。日の目を見ることができなかったのぼり旗をしっかりと宇都宮市に引き継いできたと、四日市市民に報告したいと思います。
来年度の国体・大会が成功することを心よりお祈り申し上げます。」


 宇都宮市 佐藤市長コメント


「国体開催に向けて準備を進めている本市としてしましては、三重とこわか国体・三重とこわか大会が中止になったことに対する四日市市の悔しさは計り知れないものであると感じています。そのような中、引き継ぎを受けたのぼり旗は、手作りで制作した児童・生徒をはじめ、国体開催に向けて準備を進めてきた四日市市と鹿児島市の皆様の想いが詰まったかけがえの無いものであり、その重みを実感しているところです。
いただいたのぼり旗は、いちご一会とちぎ国体の競技会場において、全国から訪れる選手・監督の皆様の思い出に残るようなフォトスポットとしての設置を検討するなど、責任をもって、四日市市・鹿児島市両市の熱い思いをとちぎ国体へとつないでいきたいと思います。」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 鹿児島市の児童生徒が制作したのぼり旗。華やかで飾るのが楽しみです。
一覧に戻る